私もCFO時代には、恥ずかしながら常に資金不足で悩んでいましたが、何が原因で資金が不足していくのでしょうか。
 
まっさきに思い浮かぶのが、やはり「業績の悪化」です。
 
これはつらいです。
 
毎月の固定費ってほぼ決まっていますよね。
 
人件費、家賃、駐車場代、通信費、水道光熱費、借入金の返済など、これらは毎月大きくは変わりません。
 
売上が減ればそれだけ仕入も減るので、売上と仕入だけ考えれば、売上減少で資金が不足することはあまりありませんが、会社を運営するには固定費がかかります。
 
この部分が段々不足していきます。
 
次に直面したのが、「資産を増やす」ことです。
 
一時期資金繰りも改善して、資金に余裕がある時期がありました。
 
担当者としては、別預金にして有事に備えたかったのですが、社長の一声:「社用車買うぞ!」
 
しかも国産車ではなく、外国車が欲しいと…
 
今後の業績見通しなど話をし説得したのですが、もう欲しくなったら手に入れたいのは子供並みの社長でしたので「何とかなる」で押し切られました。
 
案の定、その後の資金繰りはまたまた大変になっていきました。
 
それからあるのが、例え売上が伸びても「資金サイト」などにより、資金不足が起きるということです。
 
ある時、コンペで勝つことができ、毎月1,000万円以上の売上が見込めることになりました。
 
バックオフィス担当としても営業担当と一緒に喜びましたが、何と支払いサイトが120日の条件でした。
 
仕入や経費のサイトは約30日、家賃や人件費は前払い、今月1,000万円売り上げても手元に資金が入るのは4ヶ月後です。
 
その間、仕入も人件費も払い続けなければなりません。
 
更には、その業務のために新たな設備や雇用もしなければいけません。
 
最低でも4カ月分の資金を調達しなければなりませんよね。
 
売上が伸びてもこんなことが起こるのです。
 
私は経験していませんが、今の話の売掛金が先方の都合で1ヶ月伸びてしまったら?
 
相手が最悪倒産してしまったら?
 
こんなことも売上がアップしていても起こりうる資金不足です。
 
最後に、こんなことでも資金が不足します。
 
納税」です。
 
これは私が経験した中でも最も苦労した話です。
 
消費税や法人税などは時期が決まっているので予定がたちます。
 
ある時税務調査が入り、見解の相違ではあるのですが、追徴課税されました。
 
こちらにその意思がなくとも、延滞税などがかかります。
 
ですから決定したからには早めに納税したいのですが、資金に余裕が無い。
 
金融機関も「納税に使いたい」って言っても貸してくれません。
 
この時も知恵を絞ってやりくりしましたが、これは大変でした。
 
会社の資金が不足する理由って単に業績の悪化だけではないことご理解いただけましたか?