自己資本という言葉にはなじみがありますが、他人資本という言葉はあまり聞かないかもしれません。自己資本は、企業が自ら調達した資金。主に株主から調達したもので、資本金や内部留保などから形成されます。
 
貸借対照表でいうと「純資産(資本)」に計上されますよね。
 
自己資本は、資金の調達先が内部なため、基本的には資金返済の義務はありません。
 
一方、他人資本は、企業の外部から調達した資金のことです。真っ先に思い浮かぶのが金融機関からの借入金です。
 
他人資本は、貸借対照表では「負債」に計上されます。
 
資金の調達先が外部ですから、資金の返済義務を負っています。
 
普通の零細企業では、自己資本の増加は業績アップか社長の資金を資本金に組み入れるくらいしか考えられませんでした。
 
新株発行や株主による増資なんて考えたこともありません。
 
資金調達と言えば他人資本、金融機関からの借入しか考えられませんでした。
 
しかし、最近では零細企業でも自己資本を増やす手段が多様化してきています。
 
実務をしている時には、こんな用語は使っていませんでしたが、専門書では資本による資金調達を「エクイティファイナンス」、負債による資金調達を「デットファイナンス」と呼ぶようです。
 
お金には色がついていませんので今使っているお金が自己資本なのか他人資本なのかわかりませんが、その大きな違いは返済義務の有無にあります。
 
資金調達には大きく2つの調達先があること、おわかりいただけましたか?